なでしこ佐々木監督「PK戦で澤が『私は入れないで』」

印刷

   女子サッカーW杯で「なでしこジャパン」を世界一に導いた佐々木則夫監督(53)がスタジオに生出演し、司会のみのもんたが激闘の舞台裏を聞いた。

「アメリカが勝ったと思ったらカンフーシュート」

   ――アメリカのGKが日本チームのまとまりを褒めていましたが、やはりアメリカは強かったですか。

勝因は監督
「スタートからかなり全開アメリカで来まして、これはヤバイと思いましたね。そこを日本の緻密な攻守で太刀打ちしようと3年間努力してきたなかで戦った」

   ――試合中の監督の心境は? 次々と用意してきた作戦を出そうと思ったんですか、それとも任せっきりだったのか。

「ベンチからああじゃない、こうじゃないと言ってもパフォーマンスであって、選手たちが変化を感じながら戦うという準備をして、選手たちが状況に応じたサッカーができるようになった。そういうところと相まってこういう結果になったと思います」

   ――前半が終わった段階でこれはいけると?

「前半の段階ではまだまだだった。ただ、立ち上がりは非常に固くなっていて、ボールを動かす部分で臆したところがあったが、それはクリアした。後半立ち上がりはアメリカの選手たちがさらにファイトしてきて…。
ただ、僕自身もこのファイナルを楽しみたいなというのがベースにあった。日本女子がファイナルにきたというだけで異常ですから。ところが、アメリカが勝ったなと思ったところへ、澤のカンフーシュートですから。あれは北京五輪の開幕戦で同点にしたのと同じパターンなんですよ」

「もうこれはめっけもんやとリラックス」

   ――PK戦の直前に円陣を組んだ時は笑っていましたが、誰を先にとか決めていたんですか。

「ボク自身も嬉しくて、もうこれはめっけもんやとリラックスした状態だった。これを選手に伝えたいとギャグも考えたんですが、順番も決めなければならないし…。そこへ過去にPKを失敗したことがある澤が『私は入れないで』と言ってきたんです。で、『お前は1点取ったから最後でいいや』と話したら和やかになった」

   ――いちばんの勝因は佐々木監督一本で来たことだと思う。

「それもありますが、澤を中心にいまバランスのいいチームになっている。いろんな選手が集まっているなかで、心身ともにチームワークが取れるかどうかがポイントなんですね」

「偉そうにしても鼻毛出てたらダメ」

   高畑百合子アナが「監督は会見で『女子寮に閉じ込められたようだ』と話してましたが、選手を指導していくなかで気をつけていることは何ですか」と聞く。

   佐々木監督「妻からは『選手にいくら偉そうなこと言っても鼻毛が出てたらダメよ』と言われ、娘にも『気を遣いすぎるのはよくない』『恰好つけるな、女だからといって』という指示をもらって、自然体、マイペースで対応しています」

   奥さんと娘さんがすばらしい。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中