セシウムえさの牛肉―新幹線弁当「牛すき重」で1万2500個完売

印刷

   放射性セシウムに汚染された稲わらを食べた肉牛の肉が、東海道新幹線車内で販売された弁当や小学校の給食に使われていたことが明らかになった。

   汚染されたとみられる牛肉が入った弁当は「牛すき重」。6月中旬(2011年)から7月初めにかけて約1万2500個が車内で販売された。

   給食に出されたのは、千葉県習志野市内の小学校。6月20日の給食に使われ児童1000人が食べた。

原発から200キロの岩手県でも稲わら汚染

   放射性セシウムに汚染された稲わらは、新たに福島第1原発から200キロも離れた岩手県でも見つかった。一関や藤沢町の5戸の畜産農家の稲わらから、規制値の上回る最高1キロ当たり5万7000ベクレルの放射線セシウムが検出された。

経済界もおかしい

   この稲わらを食べた肉牛81頭が、すでに岩手県のほか東京都や神奈川県に出荷されたという。これで20日現在、汚染の疑いのある牛肉の流通先は鳥取と沖縄を除く45都道府県に達し、今や全国レベルに広がってしまった。

電力会社では手に負えない事態

   「あらー、東京電力どうするつもりだろう」と司会のみのもんたが、その流通の早さに驚いてみせたが、野菜から魚、肉牛へと広がる放射能汚染は一電力会社ではとても手に負えない事態になっている。

   しかも、関西電力・大飯原発1号機と中国電力・三隅発電所(石炭火力)の事故で、西日本にまで広がった政府の節電要請。小手先の応急手当では治らない制度疲労に陥っている。ところが政府は根本治療のメスを入れる姿勢すらない。

   最近、みのがようやく『脱原発』を発言し始めたが、今回も「電力会社は独占じゃないですか。そういうシステムがおかしい。経済界も『このまま電力不足なら海外に行ってしまう』というのもおかしな話。クリーンで安全な発電に早くいってほしいと思いますね」と吠えた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中