北島康介選手4位…競技前に見せた「異変」頻繁にツイッター書き込み

印刷

   世界水泳の男子100m平泳ぎで、メダル有望と目された北島康介選手が4位に終わった。「国民としてはまさかという思い」(羽鳥慎一キャスター)、「まさかの惨敗。いったい彼になにがあったのか」(VTRのナレーション)など、世界水泳の放送局がお届けするこの番組モーニングバードでは、落胆と若干の非難の色がにじんでいたようである。

本人は「200メートルで挽回」

   いったい彼になにがあったのか。「驚くほどリラックス」(ナレーション)していたそうだ。会場に向かう途中など、試合前にツイッターの書き込みを頻繁に行う「異変」が見られたそうな。

まさか

   一方、元水泳五輪メダリストでスポーツコメンテーターの田中雅美は「前半は泳ぎが固く、課題のスタートも調整しきれなかった」などと解説した。

「もうすぐ29歳という年齢的な問題はないんですか」

   元スケート選手で番組コメンテイターの清水宏保が聞く。水泳界は20代中盤がピークと言われるが、北島選手はまだまだやれるはずだ、と田中。

   北島は金曜日の平泳ぎ200m決勝で挽回を期するという。同種目には、期待の若手日本人選手の冨田尚弥も出場。「日本人選手のワンツーフィニッシュを期待している」(田中)とのことだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中