加藤清史郎「母ちゃんが結婚って!びっくりした」忍たま母親役・檀れい

印刷

   俳優の及川光博(41)と壇れい(39)が電撃結婚のニュースがきのう(2011年7月27日)夜、芸能界を駆け巡った。

   「7月27日入籍しました。09年のドラマの共演で知り合い、その後交際に発展し、約1年を経てこのたびの運びとなりました」という突然のファックス。

   そのドラマというのが「相棒」(テレビ朝日系)。及川はこのドラマで俳優として一皮むけたといわれ、スポーツ紙は「相棒婚」などと書いた。一方、宝塚出身の壇は映画、ドラマで日本的な美貌としっとりとした存在感を見せて、 まさに旬の感がある。

街の反応は「エエーッ。タイプ違うじゃない」

   「相棒」の水谷豊は「相棒が相棒をみつけた。しかも私がお勧めの人」と祝福。 宝塚で相手役だった真琴つばさ(46)は「変わったなという感じはあった。はじけたような」と話す。「王子様とお姫様が結婚しちゃったみたい。恋って人を変えるんですね」

眞鍋:希望与えてくれる

   公開中の映画「忍たま乱太郎」で壇と共演した加藤清史郎は、「映画でボクの母ちゃん(壇)が結婚したと聞いてびっくりしました。ボクが初めてセリフを言ったドラマで一緒だった及川さんが旦那さんと聞いて、2倍びっくりです。オメデトウございます」と、子どもらしからぬ味なコメント。

   この組み合わせに、街の声は「エエーッ」だった。「タイプが違うじゃないですか。ミッチーはきらびやかで、れいさんは日本女性って感じ」

   司会の小倉智昭は「エエーッ、というほどのニュースなの?」と冷ややかに言い、笠井信輔アナは 「タカラジェンヌですよ」とわけがわからない。

   小倉「壇さんはフジテレビでは仲間由紀恵さんに怖い思いをさせられる役で、忠さんなんか大騒ぎでかわいそうと泣き叫んでました」(笑い)

   前田忠明(芸能デスク)「(街の声の)エエーッというのは、結婚に驚いたんじゃなくて、ギャップだと思う」

   小倉「王子様とお姫様でいいじゃない」

出番終わっても待ってた及川光博

   田中大貴アナ「今日のブログでは、できちゃったわけじゃないよと書いてる」

   真鍋かをり(女優)「こんなきれいなアラフォーがいるんだと、ああなりたいなと思っていたから、希望を与えてくれる」

   小倉「福田さんは興味ない?」

   福田和也(作家)「40近くなって結婚するというのは、理性があっていいで すよね」(爆笑)

   小倉「宝塚番の笠井君は?」

   笠井「月組と星組のトップスターやってるのは珍しい。で、楊貴妃をやった。これがこの世のものとは思えない美しさだった」(爆笑)

   前田によると、及川は「相棒」の収録で自分の出番が終わっても、ずっと壇を見ていて積極的だったという。笠井も「もう王子様キャラではなくて、やさしいくてまろやか」

   小倉「どんなところがジェントルマンなのと聞いたら、すっとタクシー止めてくれるって。そんなもんだれだって…」(爆笑)

   中野美奈子アナまでが「どっしりしていて、実は男っぽいですよね」

   前田「及川さん、風当たり強いよ」

   小倉「ホントに好きな人が結婚したら、心から喜ぶものですよ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中