伊良部秀輝(元ヤンキース)自殺!ロスの自宅で友人が発見

印刷

   元ヤンキースの伊良部秀輝が27日(2011年7月)午後、米国ロサンゼルスの自宅で死んでいるのが見つかった。連絡がとれない友人が訪ねてわかったという。現地警察は自殺と見て調べている。まだ42歳だった。

日本最速158キロで清原と「平成の対決」

   伊良部は87年にロッテに入団、97年にニューヨーク・ヤンキースに移り、他球団を経て阪神で引退した。その後、ロスでうどん店を開いたが経営に行き詰まり閉店した。現地でジュニアのチームを指導していたという。

小倉:腕白坊主の悪ガキ

   「まあ、伊良部という人はロッテ時代から話題の多い人でね。腕白坊主とか悪ガキとかいろんなことをいわれた」と、司会の小倉智昭の蘊蓄が始まった。

   兵庫県生まれで、香川の尽誠学園からドラフト1位でロッテに入って、翌年から一軍に9年間在籍し、最後の3年間は15勝、11勝、12勝。

   小倉「158キロは当時日本では最速のピッチャーだった。清原との対戦は平成の名勝負なんていわれて…」

   まだFA権がないのに、ヤンキースに行きたいとパドレスとの三角トレードで強引に移籍した。そのあとでポスティングシステムが生まれている。ヤンキースでは2年目13勝、3年目11勝と二ケタの勝ち星をあげ、他球団を経て最後は阪神だった。

一人暮らしで「日本に帰りたい…」

   小倉「野球では凄いスピードボールを投げるんですが、記者の名刺を破ったりペンをへし折ったり、ブーイングにグラウンドでつば吐いたり、引退後も飲酒運転やったり、暴力事件などいろんなことがあった。ロスで1人暮らしだったようですが、日本に帰りたいといっていたという話です」

   まあ、小倉ならずとも、だれもが伊良部には一種の感慨がある。考えれば、20歳そこそこの若者がわがままいっぱいに生きたさまが浮かぶ。しかし、広岡監督とのあつれきのタネだった体重の問題とか、自己管理ができない人でもあった。

   ヤンキースの首脳が「150キロのフォークだよ」といっていたのが思い出される。1発打たれてカッとなって崩れるパターンは最後まで直らなかった。反面教師にしたらいいのかもしれない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中