「宝石好き宮司」神社のカネ1億円横領―通帳残高わずか数万円

印刷

   神奈川県横浜市にある由緒正しい本牧神社で、宮司の横領疑惑が浮上。神社の口座から勝手にカネを引き出し、数千万円の残高があるはずの口座が残り数万円になっていたとかで、神社側は宮司を告訴した。

「責任委員会」に無断で引き出し

   番組によると、横領額は総額1億超に達する可能性もあるという。宮司が引き出していた通帳には、引き出し額100万円以上の脇にサファイヤ、あるいはダイヤなどといった記入があったそうな。本人は「証券などで運用している」「(神社側が、事実を)わざとねじまげている」などと反論している。

長嶋:どっちも杜撰

   スタジオでは「両方、杜撰でしょ。神社のほうも、もうちょっと管理すればいいんじゃない」と、コメンテイターの長嶋一茂があきれ顔。

   なお番組によると、神社の経理的な仕組みでは、神社の代表であり、民間企業でいえば社長にあたる宮司がおカネの管理者である。しかし、神社のカネの収支、カネの使い方は、「責任委員会」なる神社全体の会議を経て決めることになっているという。取締役会といったモノにあたるそうな。宮司はこの委員会に無断でカネを引き出していたというが、責任委員会の責任も問われそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中