国民栄誉賞にもはしゃがない「なでしこ」選手のもっと大切なもの

印刷

   なでしこジャパンに国民栄誉賞が贈られることが決まった。キャプテンの澤穂希選手は「大変な賞をもらったが、まだ実感がわかない。時間がたてば実感が出てくると思う」といい、宮間あやは「栄誉賞をもらったからと浮かれてはいられない。ロンドンオリンピックの予選もすぐだから、気を引き締めたい」と話す。ちっともはしゃいでいないのは、国民栄誉賞などよりももっと大事なものが彼女たちにはあるからだ。

応援、心配してきた親たちは大喜び

   手放しで喜んでいるのは、選手よりもむしろの家族だ。澤の母親の満壽子さんは「最高です。こんなことがあってもいいのかと思うぐらいです」と満面の笑みだし、近賀ゆかりの父親で寿司店を営む雅志さんは「優勝のおかげで店の売り上げが3割ぐらい伸びています」となでしこ効果にニンマリ。

ケチケチしないで

   それはそうだろう。世界一になるまでは、「嫁にもいかず、ボール蹴りばかりやってて大丈夫か」と、応援しつつも心の片隅では心配していたに違いない親たちだ。それが「国民的ヒロイン」とされたのだから、うれしさもひとしおだろう。

   リポーターの井上貴博アナウンサーは「団体の受賞は今回が初めて。選手22人とスタッフ13人の35人全員に贈られます」と伝えた。

エッ、記念品はみんなまとめて1つ!?

   受賞するとどんなものがもらえるのか。

   井上「賞状に記念のタテ。あとは記念品で、これまでに時計や花瓶などが贈られています」

   司会のみのもんた「記念品は一人ひとりに贈られるの?」

   井上「問い合わせたところ、現在、検討中ということでした」

   みのは苦笑いしながら「ケチケチしないで、一人ひとりにあげればいいじゃない」

   コメンテーターの若狭勝(元東京地検特捜部副部長・弁護士)も、「選手やスタッフの名前は残るのかな。これだけの偉業を達成してくれたのだから、何らかの形で残すべきだ」

   栄誉賞もさることながら、政府が明らかにした「育成のための助成金」こそ間違いなく、かつド~ンとやってくださいよね。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中