東国原英夫「除去手術したのに隣に新しいイボ痔!」

印刷
「8月2日(火)は僕にとって運命の日であった」

   前宮崎県知事の東国原英夫は、8月4日(2011年)のブログにそう書く。以前から患っていた「痔」を手術したのだ。

   「身体にメスを入れたのは生まれて初めて」であり、周囲からも「痛い」と脅されていた東国原は、緊張して病院へ。ところが手術自体は15分ほどであっさり終わり、また麻酔の注射以外は予想していた痛みもなく、思わず「ちょっと拍子抜け」

   そして翌日、東国原は鏡で患部を覗いた。手術を受けた「イボ」はほとんど治っていたのだが、

「何と、隣に別の新しいイボが出来ていた。ガ~~~ン! ショックだった」

   結局再び病院に予約を入れた。青森でねぶた祭りを見る予定もあったが、「中止である。トホホホである」

   当分趣味のランニングも「ご法度」とのことで、東国原は意気消沈。「頑張ろう、日本! 頑張ろう、東国原!」とブログを結んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中