2019年 3月 20日 (水)

思わぬなでしこ効果!「黒糖 ドーナツ棒」注文殺到でメーカーもう大変

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   サッカー・ワールドカップ優勝でなでしこリーグの入場者が急増、選手たちもイベントに引っ張りだこだが、なでしこ効果は思わぬところにまで及んでいた。

   先月末から始まったなでしこリーグでは、澤穂希選手ら日本代表をぞろりとそろえたINAC神戸が人気。さらに注目はその澤選手らのユニフォームだ。胸に大きく「黒糖 ドーナツ棒」とある。よく見ると「fujibambi.co.jp」とも書かれている。が、あまり聞いたことがない。

かりんとうっぽい

澤穂希らINAC神戸のユニフォームCM

   「ドーナツ棒」は熊本のお菓子。沖縄の黒糖と国産の小麦粉を使い、外はサックリ、中はしっとりという独特の食感がウリ。品評会で受賞もしたことがある銘菓だが、知名度はいまひとつだった。それが、ユニフォーム以来、問い合わせが日に数千件というのだ。

   製造元のフジバンビの吉田高成社長は「お盆とぶつかりまして、社員も大変な生産努力をしているところです。わたしも65歳で40数年携わっていますけど、初めてですね」という。

   「スッキリ!!」が都内で売っているお店を探したところ、銀座の熊本館にあった。「なでしこジャパンのユニフォームのお陰で伸びてます。川澄選手もこれおいしいから食べてねと広めてくれて、2倍の売り上げ」という。

   しかし、神戸のチームになんで熊本が? 吉田社長は「もともとは昭和23年に兵庫・姫路市で創業した会社なんです。女子サッカーに向ける熱意に打たれてスポンサーになりました」と話す。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中