早くもハッキリした「ポスト菅政権」も短命

印刷

   菅直人首相の「退陣明言」を受けて、民主党の「ポスト・菅」レースが過熱してきた。今月末(2011年8月)予定の代表選に立候補が取り沙汰されているのは、野田佳彦財務相(54)、馬淵澄夫前国交相(50)、小沢鋭仁元環境相(57)、樽床伸二元国対委員長(52)、鹿野道彦農水相(69)の各氏。「朝ズバッ!」は争点として増税、マニフェスト見直し、大連立の3つをあげる。それぞれの争点について、候補予定者を色分けしたところでは――。

小沢グループの動向次第という党内力学

   増税については、「先送りはできない」と野田は前向きだが、他の候補予定者は慎重な意見だ。大連立の実現はマニフェストの見直しとセットになっている。連立を組む相手側の自民党の石破茂政調会長は、「むだを削ればマニフェストは実現できると主張しているような方々と組むことは無理だ」とはっきり言っているからだ。つまり、マニフェストを見直さなければ連立に応じないということだ。

真摯な反省すべき

   大連立を目指す野田はマニフェストについても「聖域なく見直すべき」と主張、馬淵は大連立には慎重だが、マニフェスト見直しには「震災復興と原発収束という負担の中で、政策は取捨選択されるものだ」と必要性を認めている。

   問題は党内勢力の動向だ。多数を誇る小沢一郎元代表のグループや鳩山由紀夫前首相のグループは、マニフェストの大幅な変更には異論を唱えている。ということは、大連立にも反対、もしくは慎重ということだ。マニフェストを見直して自民、公明党と大連立を組むのか、それとも見直しに反対の党内グループと協調するのか。どちらとどう折り合いをつけるのかが「ポスト・菅」の重要なテーマになってくる。

街の声は「該当者なし」が過半数

   こうした中、「朝ズバッ!」が昨日(8月15日)、都内の100人に聞いたところ、最も多かったのは「該当者なし」の59人。野田25人、馬淵14人。他は1人かゼロという結果だった。

   司会のみのもんたが聞く。「どうなんですか、ポスト・菅は」

   コメンテーターの杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)が答える。

「まず、鳩山、菅政権がどうしてだめだったか、真摯な反省からスタートすべきだ。野田さんは現執行部が推しているので有力は有力だ。小沢さんは復権をにらんで勝ち馬に乗ろうとして、じっと様子を見ているところだ」

   この国難をどう克服していくのかというしっかりとした議論がないまま、党内力学で後継が決まるようだと、次期政権も短命に終わる可能性が高い。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中