「記者会見芸人」おしどり・マコ「番組出演、流れちゃったぁ!」

印刷

   東電福島第一原発の事故後、東電の記者会見に度々出席し、ブログで様子などを発信してきたお笑いコンビ「おしどり」のマコが、「でかいバラエティ番組の出演1つ流れちゃったぁ!」と8月15日(2011年)にツイッターでつぶやいた。

   マコは収録を来週に控えていた番組の担当作家から、「ごめん、現場で思っている以上に圧力が大きかった」と、出演話がなくなったという連絡を受けた。経緯については、「報道はTV局の予算でやってるけど、バラエティは公共のものじゃなく商品だから、広告代理店に逆らえないんですって」と説明。担当作家はおしどりを「記者会見芸人」として起用しようと試みたのだが、「東電」「原発」はバラエティーではタブーとのことで、4回台本を書き直したが、ついに許可が下りなかった様子だ。

   マコは、「大好きな作家さんなんで、私たちのことで影響受けないといいけど」と作家を気遣いながらも、自分たちは「案外、収録流れた日に、飯館に行きたい用事があったから、あ、ラッキー☆くらいで全く平気な私たち。舞台と芸人の仕事は大好きだけど、私とケンパル(相方)と飯館の仲良しがいれば、今はいいです☆」と気丈にふるまった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中