艱難辛苦の韓国版「スーザン・ボイル」動画再生1000万回

印刷

   奇跡の歌声に加え、数奇な半生が話題になっている韓国版「スーザン・ボイル」の男性を取り上げたが、にわかには信じがたい韓ドラ風だ。番組ナレーションで「世界を感動に包んだ」というこの男性は、韓国のチェ・ソンボンさん(22)。

にわかに信じがたい生い立ち

   チェは6月に行われた韓国のオーディション番組の予選で、歌う前に自らの半生を披露した。それによると、3歳の時に養護施設に預けられたが、5歳で虐待に耐えきれず逃げ出したという。

「以来、一人。路上でガムや飲み物を売り、夜は公園のトイレで眠った。その日暮らしを続ける中で最初に好きになったのは音楽でした」

   16歳で検定試験を受け高校に入学したというが、どこで学び、どういうふうにして声楽を覚えたのかは分からなかった。

   そして声楽家顔負けの声で歌ったのは「Nella Fantasia」。会場の女性の目は潤み、女性審査員も「ただただ、チェさんを抱きしめてあげたいです」と、感動に包まれ、この模様を配信した動画投稿サイトの再生回数は何と1000万回を超えたという。予選、準決勝を突破し、20日(2011年8月)に行われた決勝戦の結果は2位だった。

ガム売りの過酷な子ども時代

   このニュースを報告した小松靖アナも疑心暗鬼なのか、「ちょっと、にわかには信じられませんが…」とコメントする。1990年代後半から2000年初めにかけてソウル特派員だった青木理(元共同通信記者)はこんな感想だ。

「いまはもっと豊かになっているはずですが、ソウル勤務当時、屋台で食べていると子どもがガムを売りに来ていた。そういう生活をしていたと思うと、そうとう過酷だったろうという気がする」

   スーザン・ボイルも2位だったのに道が開けた。将来は「声楽家になるのが夢」というこの青年は、本物の声に磨きをかければ実現できるかもしれない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中