松本志のぶアナ妊娠6か月 「5月には切迫流産で緊急入院」

印刷

   元日本テレビのフリーアナウンサー・松本志のぶ(42)が8月21日(2011年)のブログで、「新しい命を授かり、今年中に、家族がひとり増えることになりました」とオメデタを報告した。

   現在妊娠6か月だという。お腹がふくらみはじめ、小さな命が動き回るのを感じている。とても嬉しくて、お腹を触っては声をかけ、「毎日が楽しくて仕方ありません」。

   実は5月に妊娠がわかったが、喜びも束の間、「切迫流産で緊急入院することになってしまったんです」。5月末から1か月半、仕事を休んでいたのはそのため。入院生活を1か月続け、その後も安静して過ごしていたそうだ。

「かなり難しい状態と言われていたので、不安で不安で仕方なくて、同時に、周りの全ての人たちに心配と迷惑をかけてしまって、本当に、辛い日々を送りました」

   その後、「奇跡的に」安定し、8月に入ってから担当医にも「報告しても大丈夫」のお墨付きをもらって、今日を迎えた。出産は年末を予定しており、「アナウンサーとして、ひとりの女性として、そして『母』として、充実した時間を送れるようがんばります」と決意を語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中