2018年 7月 22日 (日)

専属気象予報士・天達武史ひと安心「この季節は予報よく当たる」

印刷

   いやに暑かったり、寒かったり、雨が多く降ったりすれば、番組の気象予報士である天達武史の出番は増える。しかし、この夏の天達は、気象以上に少々異常な出方だった。何かと言えば、天達のスタジオ解説が長雨のように続き、大あくびをするコメンテイターも出る始末。とくダネ!もよほど制作費に困ってんのかね、とオグラ的なモノの見方のひとつもしたくなるほどだった。

翌日的中率82%

   さて、そんななかで、コメンテイターからはたびたび「予報が当たらない」というナマ苦情が寄せられていたのだが、彼らのように天気予報でお悩みの方に朗報だ。

もうちょっと当たってる

   「これから9月にかけては、天気予報を信用しておでかけすると(いい)」と天達。なんと天気予報が当たりやすい季節がやってくるというのだ。なんでも、8月は、翌日の予報的中率が78%、翌々日74%だが、9月は同82%、78%へと、4ポイントぐらいアップする。

   もっとも、これらの数字は気象庁のもの。天達自身の予報は「ボクもこのぐらい…(当たるといいな)」と口を濁していたところ、司会の小倉智昭は「天達は、もうちょっと当たるもんね」と、いつも従順な天達にプレッシャーをかけていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中