2018年 7月 23日 (月)

「ドムドムバーガー」ジリ貧の歴史―番組視聴率も共倒れ?

印刷

<シルシルミシル(テレビ朝日系8月24日よる11時15分)>有名企業やちょっと気になることを調査して、ナレーションとテロップでイジり倒す人気情報バラエティで、この日の「企業特集」は新婚のプロデューサーが高校時代にバイトしたことのあるハンバーガーチェーン「ドムドムバーガー」だ。

   筆者の地元には十数年前まで第1号店があったりしたが、もう閉店して、他でもあまり見かけないマイナーなハンバーガーショップ。番組の中でもお得意の毒舌ナレーションで、「ドムドムでは視聴率が取れない。(プロデューサーは)完全に新婚ボケでは?」と突っ込まれていたが、ドムドムは由緒正しい、日本初のハンバーガーチェーンなのである。

シンボルの赤い象もコケた!

   最盛期は全国400店舗あったが、今では103店舗と絶滅危惧種。トキやタンチョウと並列して、ドムドムのシンボルの赤い象をぬいぐるみ化し、その象がコケる映像で紹介をする演出がバカバカしいが、ほんのり涙を誘う。

   ドムドムの苦難の歴史も紹介された。親会社のダイエーにより1970年にオープンしたが、直後からマクドナルドなどのライバルが続々登場して、たちまち店舗数で抜かれてしまう。しばらくはダイエーのサポートもあり、ドムドムの店舗数は増えていたが、バブル期のハンバーガー価格戦争に巻き込まれ、低価格戦略が失敗して大赤字に転落。起死回生策として、アメリカで人気だったウェンディーズと提携したが、これが裏目に出た。ウェンディーズの店舗数を増やしていく契約だったため、やむなくドムドムの一部店舗をウェンディーズに転換。ドムドムはいよいよ縮小してしまう。さらに、その後のダイエーの経営不振で、ドムドムは衰退の一途をたどる。

   ここで登場したのが叩き上げの社長の就任だ。それまではダイエーの天下り社長だったが、新社長は店舗以外のコストカットを徹底し、なんとか黒字化に成功。若い人向けばかりではない、落ち着いた雰囲気の良さもあるので、是非とも地味にでもいいから、続けていってほしい。

鯖野かサバり

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中