意外に多い「たばこ700円賛成」新橋駅前の声

印刷

   小宮山厚労相が5日(2011年9月)、 初会見でいきなり「たばこ税」の引き上げに言及、「700円まで毎年100円引き上げが理想」と発言した。これは彼女の持論だが、大臣発言となると話は別。賛否の論議は「スッキリ!!」にも及んだ。

小宮山大臣「厚労省を代表した意見」

   小宮山発言には閣内からも異論が出た。本来の担当、安住財務相は「小宮山先生はたばこ嫌いなんですよね。健康にいいとか悪いとかいうことでおっしゃったんだと思う」といい、税の話をたばこだけ抜き出しての議論はバランスを欠 くと反発した。藤村官房長官は「個人的な思いを述べられたものと思う。関係省庁、しかるべき場で議論すること」

加藤:放っておいてよ

   ところが、小宮山大臣は「個人的というよりは、厚労省を代表した意見だ」と、昨年出した省の見解を強調した。

   小宮山は父が東大総長、祖父が大蔵大臣という家柄。NHKのアナウンサーから解説委員を経て、1998年に民主党から参院選に当選、4期目。02年には「禁煙推進議員連盟」を発足させ、自ら「歩く禁煙マーク」というたばこ嫌いだ。「毎年100円」も昨年提言していた。

   今回の発言は「健康を守るため」といい、税については「700円なら販売量が減っても増税分で補えるから税収は減らない」 といっている。

値上げされたら「やめる41人、やめない27人」

   スモーカーの司会の加藤浩次「納得いかないところがありますね。健康というけれど、たばこでホッと一息もあるわけだし、ボク自身は精神面で健康にいい」

   宮崎哲弥(評論家)「政治家としての信念や好き嫌いは勝手だが、大臣なんだから発言は軽卒だと思う。税の話なら広い視点からいうべきだし、提言でももっとおだやかな言い方がある」

   大沢あかね(タレント)は「700円はちょっとかわいそうだけど、健康を考えると…」

   「スッキリ!!」が聞いた街の声は意外なものだった。新橋駅前で喫煙者100人に聞いた結果だ。まず「700円 以上に賛成?反対?」では、なんと77人が賛成。反対16人。

   加藤が「エッ、本当?」

   説明役の森圭介アナも「ちょっとびっくり」

   加藤「変な力が動いたとか」(笑い)

   森「いやいや、これをきっかけにやめると。やめたいと思ってるんでしょう」

   「700円 以上になったらどうする?」では、やめる41人、やめない27人、本数を減らす18人、やめる努力13人。そして、「適正価格は?」には、200円台8人、300円台29人、400円台26人、500円台23人、600円台1人ときて、700円台が13人もいた。

   加藤「税収がアップするんなら仕方ないが、 アップしないんでしょ。健康のためなんて、そこは放っといてくださいよ」

   キャスターのテリー伊藤「とりやすいところからとる、というのは姑息だよね」

   宮崎も私は非喫煙者だが、とりやすいところからというのは納得しがたい」

   テリー「それよりも、議員の数や給料を減らすとか、公務員削減とか、そちらをやってもらわないと」

   宮崎「野田さん自身も行政改革をまずといっている」

   テリー「たばこの値上げはおやじ狩りだ」

   頼りは野田首相か。彼は喫煙者だから。しかし、賛成が77人とはねぇ、ちょっと考え込む。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中