「ワハハ本舗」3ガガヘッズ世界各地で大ウケ!大道芸日本一の爆笑芸

印刷

   面白い日本人がいるもんだ。久本雅美さん、柴田理恵さんらのお笑い劇団「ワハハ本舗」所属の3人組「3ガガヘッズ」がスタジオに登場した。大道芸人日本一を決める「芸王グランプリ2010」に初出場で優勝した後、海外を回って大好評。近く凱旋ライブをやるという。

丸坊主の人形と黒手袋でビートルズ、プレスリー、ウイリス…

   3人はトニー淳(37)、正源敬三(40)、パーマーイ雅晴(41)。グループの結成は2005年で、劇団ではイケメンのトップ3なのに、なぜか声なしの「サイレントパフォーマンス」だ。身の回りにある様々なモノを使って、とにかく奇想天外なアイデア、パフォーマンスで笑いをとる。上田まりえアナが楽屋を訪ねると、風船、ストロー、メジャーなどの小道具を見せた。そして全身タイツの伸縮性を生かして、とんでもない動きをやる。

ETには驚いた

   演出家から「海外でもウケるようなネタを作ってみたら」とすすめられて大道芸に入り、 さらに「海外にも出てみたら」となったのだという。スコットランド、カンボジア、フランス、ベトナムなど8か国を回った。カンボジアでは募った基金を身寄りのない子どもたちに寄付したとテレビで報じられた。

   久本は「世界に通用しますよね、言葉がいらないってのは。世界に愛されて笑いを届けることをめっちゃ期待してます。そしてこれからもがんばっていただいて、がっぽり稼いで老後の面倒みてください」という。

   パーマーイは「実際に感じる海外というのは違う。どんどん経験値があがっていく。行ってよかった」と話す。国によって、笑いのツボに違いがあることも実感したという。フランスでは絵画(名画)を使ったネタが大ウケ。アメリカ人にはストレートがウケる。たとえば、「髪の毛のタンゴ」は丸坊主の人形の頭に黒手袋で髪の毛を模して、ビートルズ、プレスリー、ショーン・コネリー、ブルース・ウイリスなどの有名人を次々に表現してみせる。

誰でも知ってるネタだから言葉いらない

   さて、スタジオでパフォーマンスの始まりだ。黒のバックに黒と赤のタイツ姿で、ゴジラ、マリリン・モンロー、ロッキー、スパイダーマン、ETなどを見せた。

   キャスターのテリー伊藤「むちゃくちゃ面白い!世界中が知ってるネタだから世界中でウケるね」

   司会の加藤浩次「ETには驚いた。日本ではまだ知られてないのに、世界では知られてる」

   9月26日から10月2日 (2011年)までの「ワハハ本舗のお笑い大収穫祭」(下北沢・駅前劇場)のうち、27日は「3ガガヘッズの凱旋ライブ」だという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中