2018年 7月 22日 (日)

前田敦子、観月ありさに完敗-日曜ドラマ対決

印刷

   日曜夜9時のTBS系とフジテレビ系の4度目の「連続ドラマ対決」はTBSの圧勝となった。AKB48の前田敦子を男装させて話題作りを狙った「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011」は初回こそ10・1%と2ケタ台に乗ったが、以降は8%を超えることがなく、終わってみれば平均視聴率は7・09%。この時間帯、曜日のドラマとしては失格もいいところである。

   しかし、圧勝とはいっても「華和家の四姉妹」も平均視聴率11・51%と、青息吐息の2ケタ台。ここ1年では最低だった。観月ありさ、貫地谷しほり、吉瀬美智子ら手堅く女優を並べた割には、評判も人気も付いてこなかったというわけだ。

   それぞれの前作は、TBS系が「JIN-仁-」、フジ系が「マルモのおきて」で視聴率は21・28%と15・76%。たしかにどちらも面白いドラマで、どちらかを録画して両方見る視聴者も多かった。10月(2011年)からの秋ドラマは、TBS系が木村拓哉と綾瀬はるかが共演する「南極大陸」。極寒の南極の冬を生き抜いた犬ぞり犬タロ、ジロが題材だ。フジ系は西島秀俊と韓国の美人女優キム・テヒのラブコメディー「僕とスターの99日」だ。さて、犬が勝つか、美女が勝つか…。(テレビウオッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中