前田敦子、観月ありさに完敗-日曜ドラマ対決

印刷

   日曜夜9時のTBS系とフジテレビ系の4度目の「連続ドラマ対決」はTBSの圧勝となった。AKB48の前田敦子を男装させて話題作りを狙った「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011」は初回こそ10・1%と2ケタ台に乗ったが、以降は8%を超えることがなく、終わってみれば平均視聴率は7・09%。この時間帯、曜日のドラマとしては失格もいいところである。

   しかし、圧勝とはいっても「華和家の四姉妹」も平均視聴率11・51%と、青息吐息の2ケタ台。ここ1年では最低だった。観月ありさ、貫地谷しほり、吉瀬美智子ら手堅く女優を並べた割には、評判も人気も付いてこなかったというわけだ。

   それぞれの前作は、TBS系が「JIN-仁-」、フジ系が「マルモのおきて」で視聴率は21・28%と15・76%。たしかにどちらも面白いドラマで、どちらかを録画して両方見る視聴者も多かった。10月(2011年)からの秋ドラマは、TBS系が木村拓哉と綾瀬はるかが共演する「南極大陸」。極寒の南極の冬を生き抜いた犬ぞり犬タロ、ジロが題材だ。フジ系は西島秀俊と韓国の美人女優キム・テヒのラブコメディー「僕とスターの99日」だ。さて、犬が勝つか、美女が勝つか…。(テレビウオッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中