東野幸治「別名で応募した写真がコンテスト入選」

印刷

   お笑いタレントの東野幸治が、名前を伏せて応募した「カメラのキタムラフォトコンテスト2010秋冬」で入選を果たした。

   東野はこの3月(2011年)、「東野・岡村の旅猿 ~プライベートでごめんなさい~」(日本テレビ系)の企画として、長野県地獄谷温泉で動物写真家・福田幸広の指導を受けながら、ナインティナインの岡村隆史とともに野生のサルの撮影に挑戦。東野は「東田健二」、岡村は「村岡隆夫」の名義でコンテストの「腕試し部門 自然」の部に応募したところ、5066点の応募作の中から東野の作品が、150人に贈られる「カメラのキタムラ賞」を獲得した。なお、岡村は残念ながら落選したという。

   東野の作品は、温泉から顔を出し、こちらを上目遣いに見るサルをとらえた1枚。審査員からも「ピントが目にバッチリで、表情もよく分かるのがとても印象的です」と好評を受けた。

   東野は9月23日(2011年)、ツイッターで受賞を報告し、

「ラッキーパンチも良いとこですしその他多勢の受賞者の一人ですし。自慢出来るほどでもないですが」

と謙遜しつつ、

「受賞出来なかった村岡君(=岡村)に悪いので素直に喜びます。『やりました!』」

とはしゃいでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中