「除霊少女窒息死」家族は藁をも掴む思い?

印刷

   13歳の女子中学生に除霊と称する滝行で窒息死させたとして僧侶と父親が熊本県警に傷害致死容疑で逮捕された。リポーターの原元美紀が滝行の行われた「お滝場」と呼ばれる現場に出掛けた。

小学生時から心身に病い

   逮捕されたのは熊本県基山町の「中山身語正宗」僧侶の木下和昭(56)と父親の会社員、舞鴫淳(50)の両容疑者。調べでは、8月27日(2011年)午後9時すぎ、本山にあるお滝場で舞鴫の次女をイスに座らせ、両手、両足を粘着テープで縛り、顔に水を浴びせて窒息死させた疑い。水を浴びせている間、木下は傍らで経をあげ、父親は次女の上半身を抑えつけていたという。

   原元が訪れたお滝場はコンクリートの壁に囲まれた薄暗く狭い空間で、地下水を汲み上げた水を2・5メートルの高さから落とす構造になっていた。ここで少女が死亡したことから連想されるのは水攻めの仕置場だ。

   次女は小学生の時から心身に病を抱え、回復の兆しが見られないことから、父親が知人の紹介で中山身語正宗を訪れた。次女に面会した木下は「霊が付いている。これを取り除けば回復する」といったという。

   除霊のための滝行が始まったのは今年3月から。8月までに100回以上行われたらしい。施設の近くに住む住民は「『痛い、痛い、いやー、いやー』という叫び声を聞いて、女の子じゃねって」話していたという。

僧侶が勝手に教義解釈

   「中山身語正宗」の関東地区の拠点である誓照寺の僧侶は、「中山身語正宗は除霊という言葉は使いません。仏さまにお参りさせていただく前に心身を清めるのが滝行です」という。木下の独断か教義を間違って解釈していたのか。4、5年前までは地元の造船会社に勤める傍ら布教活動を行っていたという。

   スタジオでは、物知りを自任する宇治原史規(タレント)が「宗教学的、法学的にしても、修行は本人のやろうという意思がないと修行と呼べないと思う」と話す。ちょっとピント外れで上滑りしたが、東ちづる(女優)のコメントは実感がこもっていた。

「冷静に見れば虐待、暴行ですが、家族に治すのが難しい病を抱えていると藁をも掴む思い。私も家族にそういう病を抱えているが、霊的、宗教的民間療法からたくさんの誘いがあり、家族としては自分を見失うこともある。肝心なのは金銭の授与がどうだったのか。それが大きな問題だと思う」
文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中