食べ過ぎ抑える「ガムとかつお節」―満腹信号出し食欲抑制

印刷

   肥満の一番の原因は食べ過ぎだけれど、食欲を抑えようとしても、これが相当に難しい。結局、ダイエットに失敗し、それだけならいいが、リバウンドでさらに肥満にということは少なくない。いえいえ、実は食欲を抑える食べ物があったのです。それも身近で簡単な食品で…。有働由美子キャスターは「本当かなあ」半信半疑だったが、さてそれはないか――。

150キロから40キロ減量

   会社社長の藤瀬泰幸さんは体重150キロを4か月で107キロまで減らした。実に40キロ減で、現在は96キロと減量は進行中だ。なぜ減量に成功したのか。脳内の満腹中枢で「もう食べたくない」という信号を出す物質ヒスタミンを増やしたからだ。

「でも、どうやれば?」

   答えは簡単。「よく噛むこと」だった。そんなことはこれまでも言われてきたことで、これが面倒臭い。ちっとも簡単な「食欲抑制」になっていないじゃないか。

   ここである実験が紹介された。2つのグループに分けて、そうめんを満腹になるまで食べてもらうもので、1つのグループはすぐさま食べ始めてもらい、もう一つのグループは食べる前にあることをやってもらう。結果は歴然で、何もしなかったグループの方が2割もそうめんを多く食べていた。では、もう一つのグループは何をやったのか。食事の前に10分間ガムを噛んでもらったのだ。

   ヒスタミン研究の第一人者坂田利家氏(大分医科大学名誉教授)はこんな解説をする。

「脳内でヒスタミンが多く分泌されると、『もう食べなくていいよ』という信号は発せられます。これで食欲が抑制されるわけです。そのヒスタミンは噛むことによって分泌が増えます」

   番組では冒頭に出演者に「キノコご飯」を振る舞い、出演者のの噛み回数をコッソリ計測。ゲストの俳優の内藤剛志は9回、浜島直子は14回、キャスターの井ノ原快彦はなんと24回だったが、柳沢秀夫解説委員わずか5回。なるほど、イノッチや浜島直子はすっきり体型だけれど、柳沢はややお腹が出ている。やっぱり、「噛む」がポイントだったのだ。

背中の青い赤身の魚が「もう食べるのやめろ」

   実はもう一つ、食欲を抑える食品があった。かつお節だ。文教大学の中島滋教授のグループでは食べ物の中にあるヒスチジンという物質に注目した。ヒスチジンはアミノ酸の一種で、脳内で食欲を抑えるヒスタミンに変わる。つまりヒスチジンを多く摂れば「もう食べたくない」がはたらくというわけだ。ネズミを使った実験でも、ヒスチジンを混ぜたグループの食事量は30%減った。

   このヒスチジンを多く含む食べ物が本マグロやカツオなどの背中の青い赤身魚。とはいえ、マグロやカツオの刺身や寿司をガバガバ食べたらたちまち食べ過ぎ、財布もパンクする。そこでかつお節というわけで、お浸しなどの総菜にこまめにかければ、ヒスタミンがどんどん出てくるという。食欲の秋、食べ過ぎる前に、かつお節とガムで食欲を上手に抑えて、おいしいものを心置きなく満喫!

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中