釈由美子「『由美子』は父の元カノの名前だった」

印刷

   女優の釈由美子(33)が10月1日(2011年)のブログで、自身の名前の由来について明かしている。

   名前は「親が最初に愛する我が子に捧げるプレゼント」と思っていた釈。「由美子」という名前についても、「さぞや、両親も 『自由で美しい子』に育ってほしい。という希望をもって命名してくれたのだろう」と期待していた。

   しかし、以前父親に聞いたところ、「昔のオンナの名前だ」と明かされた。釈はそれ以来、自分の名前に愛着が持てず、「カクカクした可愛いげのない名前にコンプレックスを持っていました」という。

   それでも芸能生活を送る中、ここまでやってこれたのも、「釈由美子」という名前のインパクトのおかげではないか、と考えが変わってきた。いまでは「誇りをもっているし 大好きな名前です」と断言し、両親に感謝しつつ、「ついでに…父の昔の元カノにも感謝 笑」と締めくくっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中