井上真央「おひさま最終回。被災地の皆様の姿が原動力となりました」

印刷

   井上真央主演のNHK朝の連続テレビ小説「おひさま」が10月1日(2011年)、最終回を迎えた。番組の平均視聴率は18.8%。好評だった2010年の「ゲゲゲの女房」の18.6%を上回り、過去5年間でも3番目に高い数字となった。

   井上は1日、

「本日、無事に最終回を迎えました。今まで応援して頂いた皆様、本当にありがとうございました!」

とブログで報告。「クランクアップとはまた違った寂しさです」として、半年にわたる主演作との「お別れ」を惜しんだ。

   「おひさま」は福島、仙台といった被災地で特に高視聴率をマークしたことが報じられている。井上も「被災地の皆様へ」として、

「一生懸命に生き抜く皆様の姿が、私の原動力となりました。本当にありがとうございました」

と改めて感謝を示し、番組を応援してくれた被災地への感謝をつづっている。

「一人一人が太陽となって輝き、そしてたくさんの笑顔と幸せが訪れますように…心を込めて」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中