2019年 4月 21日 (日)

「朝霞公務員宿舎」凍結は5年だけ!?野田首相辞めたら溶けちゃう…

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   埼玉・朝霞の公務員宿舎建設は5年間の凍結となった。野田首相はきのう3日(2011年10月)、わずか15分間の視察で「腹を固め」、都心の宿舎は売却となった。現地で反対を続けている住民は「凍結だと、また知らないうちに始めちゃう。中止じゃないと」と批判する。

   これは道理。もともと事業仕分けで「凍結」だったものが、野田が蔵相のときに「解凍」。先月の衆院で追及を受けたときは、「いま変更は考えていない」と答弁していたのが一転「凍結」だ。柔軟といえば聞こえがいいが、普通は融通無碍という。

役人官舎あるの日本だけ

   自民党の大島副総裁は「ぶれる」なんて古くさいいい方。ぶれたって止まればいいんだ。みんなの党の渡辺代表の方がわさびが効いてた。「凍結だと、野田さんが辞めると解けちゃう」

詐欺に近い

   5年という期間について、安住財務相は「震災の集中復興期間」と言ったが、元通産官僚の岸博幸氏は「復興増税は10年間。なぜ5年なのか。結局、宿舎(建設)は残すということ」という。

   司会のみのもんた「公務員宿舎というのは、日本だけ?」

   岸「日本だけです。国家公務員は30万人。自衛隊を入れると50何万人だが、自衛隊などは必要だろうが、21万8000戸も要らない。財政赤字削減で消費税も増税する中で都心はなくしました、代わりに朝霞を作ってよというのは筋が違う。大阪、愛知のように全廃したところもある」

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)は「1戸当りの建設費が1500万円だから、民間を借りて家賃補助にした方が絶対に安い」

   岸「1度決めたことはやりたがる。宿舎は持ちたがる傾向がある」

   河合薫(健康社会学者)「役職によって違うんですか」

   岸「都心は幹部、郊外は若手。だから、高い給料の幹部が都心の豪華なところに住んでいる。赤字のなかでこれをやってるのは非常識の部類に入る」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中