札幌ど真ん中にヒグマ出没!「道路横断。怖くて震えた」(目撃女性)

印刷

   高級住宅街にまでヒグマが出没した。きのう6日(2011年10月)から今朝にかけて、北海道・札幌市中央区のマンション街などでヒグマの目撃情報が相次いだ。ヒグマは午前0時過ぎに中央区の藻岩山付近の住宅街に現れ、約3時間後に北西に約4キロ離れた北海道神宮付近のマンション街を歩いているのを目撃された。4時過ぎには神宮のある円山公園から山に向かっていくのが確認されたという。

北海道の目撃情報「例年の2倍」なにが起こってるのか?

   小松靖アナウンサーは「これまで北海道でのクマ目撃情報は昨年の2倍以上、765件にもなります。今回、出没したヒグマは体長約2メートルほどだったといわれ、成人のかなり大きなクマだったと思われます」と伝える。

動くなというけど…

   司会の羽鳥慎一「そんなに大きなクマが突然目の前に現れたらパニックになりますよね」

   深夜に車の中からクマを目撃した女性ドライバーは、「最初、道路を人が横断しているのかと思いましたが、よく見たらクマ。怖くて身体が震えだし、心臓はドキドキでした」と話す。

   コメンテーターの藤巻幸夫(ライフスタイルプロデューサー)は、「大きなクマが街の真ん中まで降りてくるのは、自然破壊がかなり深刻な状況にあるという証拠。これから冬眠の時期を控え、頻繁に起こるかもしれない」と危惧する。

時速60キロ「追いかけられたら逃げ切れない」

   長嶋一茂(スポーツ評論家)「クマに出合ったときの対処法という番組を見たことがあるが、その中の一つに動くなというのがあった。でも、体長3メートル近くのクマに仁王立ちされたら、動くなという方が無理でしょう」

   小松は「僕は北海道出身なのでよく分かりますが、クマは動くものを見ると興奮して敏感に反応します。とにかく慌てないこと。ヒグマは時速60キロで走れますから、走って逃げても逃げ切れません」と言う。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中