2018年 10月 16日 (火)

上田晋也ジョギングか!100m20秒83―体力が心配「SOFTくりぃむ」

印刷

<SOFTくりぃむ 前夜祭(テレビ朝日系9月30日よる11時15分)>日曜夜7時の「シルシルミシルさんデー」が好調で、水曜夜11時台の「シルシルミシル」が「さんデー」と一本化して終了、その替わりに火曜25時台で「SOFTくりぃむ」が10月4日(2011年)にリスタートした。ソフトクリームと掛けているだけでなくて、新たな「SOFT」を作るという意味もあるとのこと。まあ、そのようにゴールデン進出を意識していることを臭わせないと、深夜番組も立ち上げられないご時世なのだろう。

   番組スタートに先だって「前夜祭」が放送されたが、少し早い時間にもかかわらず、ゴールデン進出なんてまったく考えてないだろうと思わず嬉しくなってしまうほどの脱力ぶりだった。

火曜25時の脱力系

   前夜祭の企画は、新番組をはじめるに当たって、上田晋也はド深夜の番組に耐えられるかを検証するもの。まずは体力は大丈夫かと、もうバリバリという歳でもない34歳のピース・綾部やロッチ・中岡と100m走対決。ここで、予想通り上田はビリの3位。タイムも20秒83で、スタジオでは「ジョギング」とバカにされ、しかしとにかく笑えた。おまけに雨天のため、司会の有田哲平と前田アナはベンチに腰掛けたまま応援する気配もない。

   往年の「くりぃむナントカ」番組と比べてしまうと、作り込みが甘い感じはあったが、25時台の番組の方向性としては十分楽しめる。「シルシルミシル」の独特のナレーションや上田いじりのように、この番組ならではという見所を見つけられれば長く続けられるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中