高さ13メートルの自転車!走行30秒で落車してギネス挑戦失敗

印刷

   動画サイトのYouTubeで、世界のびっくり仰天自転車を多数収録した動画「Weird BIKES !!! -- FAK #9」が再生数を伸ばしている。

   足を逆向きに動かして前進する自転車、水泳のように手足を動かして進む自転車、ホイールのなかで操縦する一輪車――など、変わりダネのなかでも一際目を引くのが「世界一の高さ」の自転車だ。

骨組みだけのまるで鉄塔

   現在、世界最高に背が高い自転車は、高さ5.55mだという。動画中紹介されたのは、米国ノースカロライナ州アッシュビルのフェスティバルで2008年に行われた、高さ44フィート(約13m)への挑戦だ。

   この模様は「Tall bike ride, attempt #2 at 2008 LAAFF」という動画におさめられている。

   ライダーのマイケル・ムーニーさんが、水泳の高飛びこみの台のような足場から、13mの高さの自転車に乗り込む。この自転車は、まるで骨組みだけの不安定な鉄塔のよう。だが、頂上のムーニーさんのペダルの動きに連動して進む。たしかに、自転車だ!

   ムーニーさんは前年のフェスティバルでも挑戦したものの、このときは乗るとほぼ同時に倒れて失敗。今回は、観衆の拍手喝采を受けながら、30秒ほど走行し、広場を約一周した。そこでバランスを失い、落車。ムーニーさんは命綱はつけていたもののケガを負い、自転車も故障してしまった。

   ギネス世界記録の認定には、100m以上の走行が必要とのことで、挑戦はまたしても失敗という結果に終わった。それ以来、残念ながら新記録への挑戦は行われていないようだ。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中