EXILE・MAKIDAI 彼女にバラされた「セックスでヤバイくらい噛むの」

印刷
「残りの人生を、ずっと砂糖が入った水を売って過ごすか。それとも世界を変えるチャンスに賭けるか」

   これはニューズウイーク日本版に載っているS・ジョブズが飲料大手のペプシコCEOだったJ・スカイリーをアップルに来てくれるよう口説いたときの言葉だ。この言葉は「狂ったようにすごい」や「発想を変えよう」と並ぶジョブズの名言といわれる。

   世界中がジョブズの死を悲しんでいる。彼の最後の作品「iPhone4S」が14日(2011年10月)に日本でも売り出されると、客が殺到してソフトバンクではシステムに不具合が発生して販売を一時中止した。あまりにも天才過ぎた天才の死は、アップルが続くまで語り継がれるだろう。

緊急入院の小沢一郎「体も気持ちも老けてカラ元気」

   それに比べると豪腕の誉れ高かった小沢一郎の凋落は目を覆うばかりである。小沢一郎政治塾に入っている知人がこういっていた。今夏、日本青年館で合宿をやったときは小沢も元気で出てきていたが、このところめっきり老けて元気がなくなってきている。彼にとって、想定外の秘書3人の有罪判決が相当堪えているようだと思っていたら、緊急入院してしまった。心配だ、と。

   「週刊現代」は相変わらず「検察批判の前に自己批判を」と、小沢は「落ち目の三度笠」だと揶揄しているが、「週刊朝日」と「サンデー毎日」は小沢の検察批判を『支持』し、「小沢一郎 司法への挑戦」(朝日)、「小沢シロの核心生証言」(毎日)と、小沢の裁判では「無罪」になる公算大だとしている。

   両誌でコメントを出している郷原信郎名城大学教授はこういっている。

「冒頭陳述で具体的なやり取りを細かく書き連ねていますが、これらは、元秘書3人の公判で任意性を否定され、証拠請求を却下された供述調書に基づくものです。小沢氏の公判では自白調書ではありませんから、取り調べが『特に信用すべき情況』で行われたと認められなければ証拠にできません。証拠採用される可能性は極めて低い。それ以外で冒頭陳述に書いてあることは、ほとんど証拠に基づかないことばかりです。指定弁護士の立証は絶望的だと思います」

   もし裁判に勝てたとしても、体に爆弾を抱え、手下が次々に離れていっている小沢が「復権」することは難しいと思う。小沢塾で「田中角栄が今の時代にいて総理になっていたらどうだったか」という塾生からの質問に答えて小沢が、「田中さんは調整型の総理。今必要とされているのは強いリーダーシップをもった総理だから、今の時代には合わない」という趣旨の発言をしたと聞いている。今の時代は自分を必要としている。しかし、その力も徐々にパワーダウンしてきていることを自覚しているから、記者会見で激しい検察批判をしたのだろう。だが、その直後に緊急入院。肉体も小沢を裏切り始めているのだ。

不正受給・財政逼迫…でも、切り捨てていいのか生活保護

   野田佳彦総理が就任して以来、まっしぐらに進む増税路線やTPPへの参加を急ぐ姿勢に驚いたわけでもあるまいが、欧州の金融不安が拡大している。大手金融機関デクシアの破綻。スペインとイタリアの国債の格付けがそれぞれ2段階と1段階引き下げられた。「週刊文春」はこの影響は日本にも必ず波及すると警告する「『世界恐慌』本当の恐怖 日本は『貧困大国』に堕ちる!」を特集している。

   この中で急増する生活保護の問題を取り上げている。敗戦直後の1951年でさえ204万人だったのに、現在最多の209万人。このままいけば生活保護費は20兆円も増え、財政破綻に結びつくと警告している。18人に1人、受給者数ナンバーワンの大阪市、中でも貧しい人が多いといわれる西成区釜が﨑を取材している。大阪市の場合、一人暮らしだと約月12万円。そのうち食費が4万円、光熱費が4万円、住居費が4万円。受給者にはケースワーカーが付き、定期的に訪問して就労支援などを行うはずだが、人手不足もあって3か月に1度ぐらいしか来ないそうだ。

「街には競馬などの公営ギャンブルの中継を流し、無料で食事までできる賭場や昼間から開いている飲み屋が並ぶ」(文春)

   受給者の中には医療費がただになるから、処方された薬を集めて転売する者もいる。偽装離婚して旦那と暮らしながら生活保護費と母子手当両方をもらっている女性。右目が義眼だとウソをついて生活保護をもらう男。受給者が住宅ローンを組める会社もあるという。以前からヤクザが不正に生活保護を受けていることは大きな問題になっている。

   ここへきて新たな問題も発生してきているという。「東日本大震災の被災者に向けた失業保険や雇用調整助成金の期間が切れ始め、彼らが生活保護を受給する可能性が高いということだ」(文春)。就職氷河期の30代は近い将来の生活保護予備軍で、月6万円の国民年金では食べていけずに雪崩れ込んでくるかもしれない。

   文春はこういう。「生活保護は税金で賄われている。彼らに『働かざる者食うべからず』と教える者はいないのか」

   ちょっと待ってほしい。担当者の数が足りないことはわかるが、不正受給をしている者を見つけ出し、厳しく処分することはやらなければならない。健康で文化的な最低限の生活を送ることは憲法で保障されているはずである。財政破綻するから生活保護を見直す必要があるかのごとき論調には違和感を覚える。

   これから世界不況が日本を襲うとなれば、なおさら生活保護は必要になり、そこへの支出は致し方ないのではないか。生活保護の受給条件をこれ以上厳しくすれば、行政側はもらえるはずの人間まで非情に斬り捨ててしまうだろう。それよりも考えるべきは、愚にも付かないことばかりやっている政治屋や役人の数を大幅に減らし、大企業優遇を改め、切り詰めるところを徹底的に切り詰めることこそ、喫緊にやらなければならないはずではないのか。財政再建、子孫へ借金を残すなという財務省の口車に乗せられ、無批判で増税に賛成する大新聞への批判精神はどうしたのか。ちょっと気がかりな記事である。

滝沢秀明「美女とたった3時間半の駆け足ホテル密会」

   堅苦しいことはこれまでにして、今週の注目記事の一番手は、やはり文春。EXILEという人気グループの一人MAKIDAIについて、かつての彼女がしゃべっている。

   彼は酔ってくると我を失い、セックスの最中に彼女の顔や手、胸を「ヤバイくらい本気で噛む」というのだ。写真付き。乱交に誘われる、冷蔵庫に入れてある1万円札を部屋中にばらまく、揚げ句にこう呟く。

「俺らは八百億円稼いでいる。お金は有り余るほどあるけど、何に使っていいかわからないんだ‥‥‥」

   リーダーのHIROと上戸彩がマジで付き合っていたことも、上戸からMAKIDAIに来たハガキを見てわかったとも話している。

   形のない人気という亡霊に取り憑かれると、カネでは飽きたらず、クスリに走ったりセックスに溺れたりするスターの話は、ハリウッドには掃いて捨てるほどあるが、そのことを思い起こさせる。

   フライデーのジャニーズの王子様「滝沢秀明『美女とホテル密会』情熱の3時間半」もお薦め。某深夜、とある商店街に駐車してある黒いゲレンデヴァーゲン(これってクルマの名前なのか? 知らんな)をアイドリングして待つ王子。駅から降りてきた(ここがふつーの子っぽくていいね)大沢あかね似の小柄な美女。彼女をナビシートに乗せてクルマは東名高速を横浜方面に急加速。横浜町田で高速を降りたクルマは住宅街でいったん止まる。コンビニに入り2人仲よくお買い物。再び高速に乗って向かった先は瀟洒なホテル。

   多忙な王子は3時間半後の午前4時半にはチェックアウトして、彼女を送り届け、ご帰還となる。この彼女が何者だが全くわからないけど、ひとまずフライデー、ご苦労さん。

中高年専門の風俗店繁盛!高齢ほど割引

   最後は「週刊ポスト」の「60歳以上向けフーゾク行列のできる店」。ポストによれば、東京・吉原のソープ街では年金が支給される偶数月の15日からしばらくの間は高齢者の客が急増するから、これを「吉原年金族」というそうだ。

   30歳未満の客はお断りの池袋の派遣型アロマエステ。やはり客を30歳以上に限定している東急沿線のデリバリーヘルスでは、30代が90分コース2万5000円で、ナイスミドル会員は2万4000円、ナイスシニア会員だと2万3000円と年齢が上がるほど安くしている。

   完全予約制で「心のふれあい」を大事にしている中高年専門の老舗・店舗型ヘルス「ナイスミドル」は高田馬場駅近く。オープンしたのは11年前。60歳代が客層の中心で、岡山、北海道からも来てくれる客がいるという。ED(勃起不全)に悩む男にとってうってつけなのが、池袋の派遣型回春マッサージ。ここは高齢者の場合、看護師の資格を持った女の子を派遣するようにしている。

   障害者や高齢者専門のデリバリーヘルスが大阪にある。ここへ入店する娘には、体の起こし方や脱がせ方、あそこの洗い方、手動式人工呼吸器の使い方まで指導する。会員になると70分1万8000円と指名料2000円と交通費がかかる。90分で1万5000円の「プラトニックコース」もあるという。

   これだけ高齢者が増えて、まだまだ下半身のほうも元気な肉食系年寄りは、これからもしばらくはフーゾクの上得意になること間違いない。彼らが必要とするのは「安くて安全でサービスのいい」店情報である。これを右トップにもってきたポストの英断に拍手!

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中