タイ大洪水!日系企業操業ストップでおせち料理にも影響?

印刷

   笠井信輔アナが「日系企業315社が被害を受けていて、単なる海外ニュースとして捉えてはいけません」と伝えたのはタイの洪水。7月(2011年)から降り続き、50年に1度という異常降雨でタイの中心部を流れる最大のチャオプラヤ川が氾濫。アユタヤ県では町全体が湖と化し壊滅状態という。

   岸本哲也リポーターが16日(10月)、日系企業が集中するアユタヤの工業団地にいた。

川に1000隻の舟並べ「水押し戻せ」

   パイオニアの工場は1階部分が完全に水没し窓が見えなくなっている。東南アジア向けにアコードなど乗用車を製造しているホンダの工場では完成車が水浸し。4000人の社員のうち現地従業員3900人は一時解雇したという。

またダメージ

   岸本によると、今月末までが雨期で、毎日夕方になるとスコールのような雨が降っており、いつ水が引くか見通しが立たない状況だという。普通なら1袋100円ほどの土嚢が品不足で今や1000円に高騰しているらしい。

   16日からは大潮に当たり、海水がチャオプラヤ川を逆流する恐れがある。さらに、湖と化したアユタヤ県の水が下流の首都バンコクに押し寄せ大洪水の恐れもある。

   タイ政府は「首都防衛」に取り組み心配ないとしているが、その方法に笠井が「極めて原始的」と驚いた。1000隻ほどの船をチャオプラヤ川に浮かべ、船尾を海側に向けて一斉にスクリューを回して川の流れを早くさせる方法だ。また、バンコクを取り巻いている盛り土でかさ上げした道路に土嚢を築いて防衛ラインをつくり、バンコク市内に水が入ってこないような作業も進められているという。これには、その外側にいて見捨てられた形の住民から苦情が出ているというが、首都を守るにはこれしかないという何でもありの事態のようだ。

日本への食材供給・加工基地が水没

   日系企業のほとんどが操業をストップ強いられていて、エコノミストは「このままの状態が続けば、進出企業は給料減額の恐れもあり、日本国内のおせち料理など年末商戦にも影響が出てくる」とみる。タイは日本への食材供給・加工基地になっているからだ。

   司会の小倉智昭「東日本の大震災でダメージを受け復興の兆しがあるなかで、なおかつタイのダメージが重なり大変です」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中