2019年 9月 21日 (土)

世田谷の高放射線物質掘り出し―農業研究所の農薬か?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   またも東京世田谷区にホットスポットが出現した。高濃度の放射線が検出されたのは世田谷区八幡山のスーパー周辺の2地点。所太郎リポーターによると、「歩道すぐ横の場所からは最大毎時170マイクロシーベルトが、さらにスーパーの駐車場からは最大毎時110マイクロシーベルトの放射線量が検出されたとのことです」という。

敷地は40年前まで農業学専門の協同組合短大

   高数値が検出された2ポイントの周辺は平常値と大差なく、世田谷区の職員が放射線障害の恐れがないことを説明したチラシを住宅約30軒に配った。首都大学東京の福士政弘教授は「地中に放射性物質のユウロピウム125が埋まっている可能性が高い」と話す。

かつてここに…

   司会の羽鳥慎一は「このスーパーが開店したのは1999年で、それ以前は農業学専門の協同組合短大が73年まで授業を行い、近隣には別に農業研究所がありました」と伝え、農薬が何らかの形で地中に捨てられ、高放射線量の原因になった可能性を指摘した。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中