2020年 11月 26日 (木)

ロシアの美人すぎるスパイ「地味で平凡な活動だった」FBI映像公開

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   米国内でスパイ活動を行っていた「美しすぎる女スパイ」なる者がいっときちょっとした話題になったが、さきごろFBIは、そのロシア人女性アンナ・チャップマンの活躍のほどを、映像で公開した。

色仕掛けもサスペンスもなし

   FBIのおとり捜査官と(おそらくはそうとは知らずに)カフェで会ったとき、彼女はスパイらしくサングラスをかけてはいたが、Tシャツにジーンズ姿で、全体にカジュアルな雰囲気をかもしていた。

tv112001_pho01.jpg

   また、デパートでは無線機器を使って、近くのロシア当局と連絡を取ったりもしていたが、それらは、ありがちなスパイのステレオタイプ――変幻自在、三面六臂、神秘的なスパイとは違った、地味な映像であった。

   これは、テレビ絵として「おもしろい」「おもしろくない」の二元的な価値基準を持つ番組コメンテイターのテリー伊藤にとっては、許しがたかったようだ。

   「浮気調査みたいな、けっこう間抜けな映像」「スパイ小説だと、美人スパイが色じかけで、とかある。そういうほうが、おもしろかった。ああいうとこで打ち合わせしてんじゃ、つまんない」などとこきおろし、美しすぎるスパイは「たいしたスパイじゃなかったんじゃない」と片付けていた。

   美人すぎるスパイはつまらなすぎたスパイだったようだ。

文   ボンド柳生| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中