ロシアの美人すぎるスパイ「地味で平凡な活動だった」FBI映像公開

印刷

   米国内でスパイ活動を行っていた「美しすぎる女スパイ」なる者がいっときちょっとした話題になったが、さきごろFBIは、そのロシア人女性アンナ・チャップマンの活躍のほどを、映像で公開した。

色仕掛けもサスペンスもなし

   FBIのおとり捜査官と(おそらくはそうとは知らずに)カフェで会ったとき、彼女はスパイらしくサングラスをかけてはいたが、Tシャツにジーンズ姿で、全体にカジュアルな雰囲気をかもしていた。

tv112001_pho01.jpg

   また、デパートでは無線機器を使って、近くのロシア当局と連絡を取ったりもしていたが、それらは、ありがちなスパイのステレオタイプ――変幻自在、三面六臂、神秘的なスパイとは違った、地味な映像であった。

   これは、テレビ絵として「おもしろい」「おもしろくない」の二元的な価値基準を持つ番組コメンテイターのテリー伊藤にとっては、許しがたかったようだ。

   「浮気調査みたいな、けっこう間抜けな映像」「スパイ小説だと、美人スパイが色じかけで、とかある。そういうほうが、おもしろかった。ああいうとこで打ち合わせしてんじゃ、つまんない」などとこきおろし、美しすぎるスパイは「たいしたスパイじゃなかったんじゃない」と片付けていた。

   美人すぎるスパイはつまらなすぎたスパイだったようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中