2018年 7月 23日 (月)

サッカーW杯「日本対北朝鮮」で金正日総書記「日本の要望よく聞くように」

印刷

   「朝刊チェック」コーナーで毎日新聞の記事を取り上げた。サッカー・ワールドカップのアジア3次予選の北朝鮮・日本戦が15日(2011年11月)に平壌で行われるが、北朝鮮での対戦は1989年以来22年ぶり。制約が多い国だけに、今回はテレビ中継、サポーターの入国問題など、関係者はピリピリしているという内容だ。

サポーター受け入れは150人。自由時間ほとんどなし

   日本は現在2勝1分けでC組首位、サポーターの最終予選進出の期待も高いのだが、北朝鮮側が認めたサポーターの受け入れ人数は150人。記者団も51人の申請に認められたのは10人だけ。ホテルの人員やチャーター機確保が理由で、増員は厳しいという。

なにが起こるか…

   北朝鮮は現金の持ち出しや携行品にも規制があるが、経済産業省は上限を設定。といっても、たばこ60本、アルコール類760ミリリットル、カメラは予備を含め2台、土産物も北朝鮮産は持ち帰り禁止といったケチなお話だ。

   毎日新聞の記事によると、金正日総書記は「日本側の要望をよく聞いて対応せよ」と指示、友好的に迎える方向だという。サポーターの安全の方は、自由時間がほとんどないのでまず大丈夫として、問題はテレビ中継だ。

中継放送もアウェー「北朝鮮の国際映像」

   TBSとNHK(BS1)が放送するが、北朝鮮でのスポーツやイベントを生中継するのは今回が初めて。NHKは北朝鮮の映像に東京で実況と解説。TBSは解説者とアナウンサーを現地入りさせるほか、独自カメラも設置する。

   司会のみのもんた「中継、大丈夫なの」

   杉尾秀哉(TBSテレビ報道局解説・専門記者室長)「先遣隊を出して準備はしているんだけど、向こうが作成した映像をもとにやるしかないので、何が起こるか今から戦々恐々」

   小林悠アナ「独自カメラも入りますが…」

   宮内正英(スポーツニッポン編集局長)「(新聞や通信社は)10人しか入れませんから、あとは中国で待ってることになる。通信社含めて10人ですから、ほとんどの社が入れない」

   みの「北は強いからね。いい試合になるんじゃないか」

   小林「アウェーだからこそ、一生懸命応援したいですよね」

   観客が暴徒化した前例もある北朝鮮だ。やっぱり不気味。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中