杉村太蔵まだ国政復帰目指してる!? 「ニートと国会議員は紙一重です」

印刷

   映画「インモータルズ -神々の戦い-」が11日(2011年11月)から公開されるのを記念して、昨日(8日)イベントがあったという。

   ギリシャの神々が多数登場する映画の内容にちなんで、日本のさまざまなジャンルの神々が集結。そのなかには、「ニートの神」である元衆院議員の杉村太蔵が含まれていた。だが、この神は「レッドカーペットでフラフラ発言」(番組キャプション)をしたとして、下々からの批判の的となった。

山里亮太「国民もそこまでバカじゃない」

   「最近、つくづく思いますよ。ニートと国会議員は紙一重ですね。ま、その紙一重がぶ厚いんですけどね。えー、なにが起きるかわかりません、人生は。ハイ、ハイ」(杉村)

テリー:もう絶対無理

   これに、コメンテイターのテリー伊藤が「なんかよくわかんない」と苦笑すれば、芸能コーナーのナビゲーターとして声のみ出演の「天の声」こと山里亮太(南海キャンディーズ)は「もっともらしいテンションで、まったく中身のないことを言う太蔵節がでてますね」

   いい加減なテキトー節も、高田純次あたりがやると、番組ではわりと好意的に受け止められる。しかし、国会議員復帰を目指しているキャラ設定では、なかなかむずかしいようだ。

   「もう絶対、国会議員なれないね。もう無理」「本人は(議員に)戻る気あんですよ。野心はあるんですけど、たぶんバレてるでしょうね」(テリー)

   終いには、「天の声」が「国民もそこまでバカじゃないってことで」とカサにかかり、ニートの神の面目はまるつぶれであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中