2018年 7月 20日 (金)

移動だらけのサッカーW杯予選 キーパー川島は堪能

印刷

   サッカー日本代表は11月11日(2011年)に行われたタジキスタン戦に4-0と快勝した。アウェーの試合、しかもグラウンドコンディションが悪い中、終わってみれば圧勝だった。

   試合後にはすぐに北京へと移動し、12日朝に到着したという。ゴールキーパーの川島永嗣は「今回は移動が多い」とブログでひと言。しかし、

「なかなかこんなにいろんな国を飛び周れる機会もないですからね(笑)」

と続けた。国際大会の経験を積んだことで、厳しい環境すらも楽しめている様子だ。

   すでに3次予選の突破は決まった。しかし川島は「ここからが大事」と気を引き締める。

「今のチームにとって1試合1試合がいい経験になっていくので、次の北朝鮮戦もいい形で臨みたいと思います」

   すでに目線は最終予選、さらにその先のW杯出場へと向かっているようだ。

   北京に着くと、早速散歩に向かったという川島。ベルギーでプレーし、数か国の言語を操る「国際派」らしく、好奇心が旺盛なのだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中