生稲晃子「日本に生まれて良かった」信州冬支度…紅葉と温泉と新そば

印刷

いい旅夢気分(テレビ東京系2011年11月2日よる8時)>7つの紅葉を求めて、女優の生稲晃子と雛形あきこが最初に訪れたのは、紅葉真っ盛りの信州の奈良井宿です。おそばやおやきのお店が多くあるなか、2人が入ったお店は手作りお菓子のお店「茶房こでまり」(電話0264・34・3072)で、出てきた五平餅のセットに雛形が「まんまるなんですね」というように、木曽北部では小判型ではなく丸い形が一般的。黒ごま、えごま、山椒味噌の3種類はどの味もおいしそうです。

心も体も温かくなる地元でとれた「きのこと生姜鍋」

   木曽福島の幻のそばを求めてバスで村木原へ寄り道です。そば好きの間で有名な「時香忘」(電話0264・27・6428)では、1日10食限定、打たない日もあるという夜明け蕎麦を食べます。白と黒の新そばが背中合わせになっていて、「香ばしくてすっごくこしがある」と生稲は桜かくしの蕎麦。そばつゆのほかに、岩塩、海塩、藻塩の塩でも味わうこともできます。

   生稲「おそばの優しい香りがする。歯ごたえがいい」

   欲張りな2人は、開田高原に向かいます。ここではブルーベリーの紅葉を見ることができるんです。驚きですよね~。他の木々の紅葉もとっても綺麗です。

   今宵の宿は中山道の要衝、木曽福島にある「おん宿 蔦屋」(電話0264・22・2010)。窓の外に広がる紅葉、そして木曽川。ゆったりと時間が流れていきます。彩り豊かな懐石の膳の他に、バイキング形式の惣菜を選ぶことができる夕食は、地元で採れたきのこを使った「きのこと生姜鍋」。心も体も温めてくれます。栗のかき揚げ、ご飯のお供にそばの実なめこ、食欲の秋にぴったりのお料理です。新米のコシヒカリもとっても美味しそうで、思わず「日本人に生まれてよかった」と生稲さん。木曽川を眺めながらの朝湯も気持ちよさそうです。

島崎藤村も好物だったか?栗こわ

   翌朝は赤沢を目指します。途中の阿寺渓谷はコバルトブルーの流れと紅葉のコンストラストがなんとも鮮やか。赤沢自然休養林の森林鉄道は檜のキップがとてもかわいく、レトロな雰囲気な列車です。まさに紅葉のトンネルをゆっくりゆっくり走ります。

   島崎藤村の故郷、馬籠宿では、お目当てのお店「坂の家」(電話0573・69・2148)へ。2人は栗こわ定食をいただきます。塩加減が絶妙で「おいし~」の連発。大根の葉の浅漬、ワラビの酢の物と山里の味を堪能することができます。間もなく雪が降り出す信州は、冬支度のなかの味わい深い日本の晩秋です。

梅原萌

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中