武田双雲「コレステロール、金、利権…悪者にしすぎ」

印刷

   書道家の武田双雲が11月21日(2011年)に「悪者にしすぎ」というタイトルでブログを更新している。

   コレステロールや油、脂肪は「悪者」として扱われることが多いが、「『摂りすぎ』とか『摂り方』の問題であって それは、適量であれば、ものすごく大切なもの」

「他にも僕らはいつのまにか問題が刷り変わって、悪者にしちまってることがよくあります
『金』『石油』『お節介』『権力』『利権』など そのものは、悪くないのに 使う人の執着や使い方のせいで悪者になっちまう ようは人の心の問題なのだ」

   最後はこう締めくくった。

「逆に使い方しだいで、みんなをハッピーにできるんだ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中