2018年 7月 23日 (月)

12月決勝の「THE MANZAI」の最高顧問にたけし「おおいに笑わせてもらう」

印刷

   審査委員長を務めていた島田紳助の芸能界引退で、一時は中止説も出たフジテレビ系年末番組「THE MANZAI2011~年間最強漫才師決定トーナメント!~」に、ビートたけし(64)が「最高顧問」として出演することが決まった。トーナメントはプロの漫才師1516組から16組が決勝戦に進出、日本一を争うが、主催側にお笑いの大物が欠けたままでは、いまひとつ説得力もおもしろみも乏しい。たけしの「就任」でようやく格好が付いたというところだ。ただ、出場者の漫才についてのコメントや評価はするものの、たけしは審査そのものには参加しない。「旬の漫才で多いに笑わせてもらいたいから」と話していて、漫才師が他人の漫才を採点するようなことはしたくないとわきまえているということなのだろう。

   「THE MANZAI」は1982年に11回放送され、本格復活は29年ぶり。司会はナインティナインで12月17日放送。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中