宝くじ3億円当たるとくれる冊子「幸運に戸惑わないために」の怖い中身

印刷

   年末恒例の「年末ジャンボ宝くじ」が昨日(2011年11月24日)発売された。今年は1等2億円が132本あり、昨年のほぼ倍という夢の大安売り、いや大売り出し。人気売り場の西銀座チャンスセンターには、8時30分の販売開始時に約1000人が行列をつくっていたそうな。

   スタジオでは、司会の加藤浩次が「いつ買っても一緒じゃないかと思う。結局あとで矢で決めるワケでしょ。なんであんなに並ぶんですか?」と素朴な疑問を口にした。

   「それは一概には言えないよ!」。テリー伊藤がくじの束を取り出す。3億円が自分を呼んでいることに気づいたテリーは早々と宝くじを買っていたのだった。

1か月後に使い道を考え、遺言状も作成

   もし1等(+前後賞)で3億円などが当たったらどうなるのか。番組が調べたところでは、さまざまな手続きを経てカネを受け取る。「その日から読む本 突然の幸運に戸惑わないために」という冊子ももらえるそうな。「それくださいよ」とテリーが要求する。

なんで並ぶの?

   番組で一部の内容を紹介されたが、冊子はとにかく隠密に慎重にことを運ぶよう説いているようだ。カネは安全な場所に保管し、10日経ってから、誰に当選を話すか、カネを分けるかどうかを検討しはじめるべし。1か月後に、もう1度使い道を考えるべし。また万が一にそなえ遺言状を作成することもオススメらしい。

   加藤は「怖いねえ。当たったらうれしいけど、怖い気もするよ」と宝くじを怖がっていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中