「読売内紛劇」歯切れ悪いワイドショー「巨人に遠慮のこんな事情」

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>読売グループの日本テレビ系「スッキリ!!」は当然だとしても、民放ワイドショーもできればプロ野球・巨人内紛ネタはいじりたくないというのがありありだった。TBS系「朝ズバッ!」の司会みのもんたは横浜ベイスターズファン、フジテレビ系「とくダネ!」司会の小倉智昭は西武ライオンズファン、テレビ朝日系「モーニングバード」も日テレ出身の司会の羽鳥慎一をのぞけば、出演者・スタッフはアンチ巨人派が多いのだが、歯切れの悪い取り上げかただった。

   理由はいくつかある。「巨人戦中継の放送権で意地悪されたくない」「自社のスポーツ担当記者が巨人取材をしにくくなる」「ナベツネにかみつかれたくない」などなどだ。

   「朝ズバッ!」は「清武・前巨人代表 反撃会見」と煽りながらも、コメンテーターの 八塩圭子(学習院大特別客員教授)に「会見の前に組織の中でやることある」とバランスを取っていたし、「とくダネ!」も長嶋茂雄終身名誉会長の「解任は当然」という発言を大きく扱った。「モーニングバード」は東京・新橋のサラリーマンや巨人ファンの女性にアンケートという形で下駄を預けてしまった。

   その清武氏は25日の会見で身分保全の訴訟を起こすという。内紛劇はいよいよ泥沼化の様相だ。

(テレビウォッチ編集部)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中