大阪維新ダブル圧勝!次は横浜、福岡で「既成政治ブチ壊し」反乱

印刷

   きのう27日(2011年11月)に行われた大阪府知事と大阪市長のダブル選挙は、大阪維新の会の松井一郎(47)、橋下徹(42)両氏の圧勝に終わった。新旧勢力、既存政党対地域政党の「最終決選」に大阪府民、市民が出した答えは「まあ、やってみなはれ」だった。

橋下徹新市長「国会議員が協力してくれないなら国政に攻め込む」

   この選挙の焦点は橋下のいう「大阪都構想」――東京都型の組織に変えて府と市の行政のムダを省くという訴えだ。橋下は知事を辞職して、任期満了の平松邦夫市長(63)に一騎打ちを挑み、知事選でも松井を擁立して府市の一体化もくろんだ。

民主党すり寄り

   市民も府民も3年半の知事としての手腕を高く評価した結果だろう。投票率は市長選で60.92%(前回比17.31%プラス)。橋下は平松に20万票以上の大差。松井も倉田薫氏(63)に80万票もの大差をつけた。いずれも無党派層を引きつけた結果だ。

   平松、倉田を推した既存政党の陰は薄かった。選挙戦最終日の26日には、橋下、松井の街頭演説に石原慎太郎・東京都知事、渡辺喜美・みんなの党代表、東国原英夫・前宮崎県知事、建築家の安藤忠雄氏ら応援に入って、相手方を圧倒した。

   勝利の後の記者会見で、橋下は「行政組織、大阪府庁、大阪市、教育委員会は、この選挙の結果をしっかりと受け止めるようお願いしたい」と話した。「国会議員の協力を求めるが、やってくれないのなら、国政選挙に大阪維新の会の候補を擁立する」と語った。

政界再編に飛び火?「誰も亀井さんには乗らない」(渡辺喜美)

   司会のみのもんたが電話で渡辺喜美に聞いた。「結果をどうみますか」

   渡辺「国がやらないんだったら大阪からやっちゃうぞというんだからすごい。応援に入ったのは考え方が同じだから。(都構想実現には)地方自治法の改正が必要になる。既成政党で、民主党はダメだろう。では公明、自民はどうするのか」

   与良正男(毎日新聞論説委員)「民主党もすり寄ってくるのでは」

   渡辺「法改正にはもの凄い抵抗がある」

   みのが「政界再編までいくんでしょうか」と、このところしきりにつたえられる亀井静香・国民新党代表の動きを聞いた。

   渡辺「誰も亀井さんには乗らない」

   与良「二重行政の最たるものは議員ですよ。大改革になるんで、議会がウンというかどうか」

   池田健三郎(評論家)「名古屋の河村さんはそれで失敗した。選挙では河村さんに乗ったが、自分のバッジをはずす話は嫌だと。橋下さんはそれを許さないでしょうから、これから各論で勝負ですよ。同じような状態の自治体は福岡とか横浜とかたくさんあるでしょう。そこにどう跳ね返るかもある」

   橋下構想の具体化はこれからだ。「単に大阪の問題じゃない。大都市戦略、国家運営の戦略そのもの」という橋下の主張がどこまで通るか。既存政党がどう反応するかもこれからだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中