物真似の度が過ぎた!?吉本に「面白い恋人」販売停止の提訴

印刷

   北海道を代表する人気の土産商品「白い恋人」の製造販売元である石屋製菓(本社・札幌市)は28日(2011年11月)、商標権を侵害されたとして販売差し止めを求める訴えを札幌地裁に起こした。訴えられたのは昨年7月から大阪などで売られている菓子「面白い恋人」で、お笑いの吉本興業系の会社が発売している。

商品名パロられ、パッケージそっくり

   訴えによると、「オ・モ・シ・ロ・イ・コ・イ・ビ・ト」と、最初の2文字を除いて「白い恋人」と共通なだけでなく、パッケージのデザインや色なども酷似していると申し立てた。

北海道を代表

   司会の小倉智昭「(『白い恋人』は)北海道を代表する商品で、メーカーはJリーグのプロサッカークラブ『コンサドーレ札幌』の有力スポンサーでもある。吉本興業らしいシャレなんでしょうが、シャレにしてはちょっと行き過ぎているね」と吉本に批判的だ。

   お笑いや物まね芸を売り物にするのは良いが、あくまで独創性がないと。真似たパッケージでは芸とはいえない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中