「女子中高生ケータイ流行語大賞」いくつ意味わかる?

印刷

   「てへぺろ」「クリスマスだから『リア充』増えたよね」…これがいまどきの女子高生の会話。オトーさん、わかりますか? 「新語・流行語大賞」より一足先にきょう(2011年12月1日)発表された「女子中高生ケータイ流行語大賞2011」 はやっぱり意味不明、解読不可がずらり。昨年に引き続き、今年も司会のみのもんたは絶句。

「リア充」「てへぺろ」「ロールキャベツ」「あーね」

   スタジオに一覧が出た。これをアナウンサーの加藤シルビアが逐一解説したのだが、みのはクビを傾げるばかリ。ゲストも苦笑い。今年の大賞は――。「金」は<リア充>で、リアルに充実(彼氏、彼女がいる人)。派生して<非リア充>。ホントに充実してると<本間充>(ほんまみつる)となる。「銀」は<てへぺろ>で、てへっ、ぺろっ。うっかりした時などに使う。ペロは舌。「銅は<あげぽよ>のテンションがあがっている状態。「ぽよ」はかわいらしい。派生して、<さげぽよ><ひまぽよ>などがある。

おっさんでした

   以下、次のようなケータイ用語が並んだ。

   <とりま>とりあえず、まあ。

   <からの~>それから先を(話が受けなかったときのフォロー)。みのもスタジオも意味がようわからず。

   <あーね>あ、そーゆーことね。

   <かわうぃーねー>かわいい。

   <きゃわたん>かわいい。

   <オシャンティー>おしゃれな状態をいう。

   <マル・マル・モリ・モリ>これはわかる。芦田愛菜ちゃんと鈴木福君の歌とダンス。

   <かまちょ>かまってちょーだい。

   <オコ>怒られた。「遅刻してオコ」という具合に使う。

   <パティーン>パターンのこと。(なぜかは本人たちもわからない)

   <キュン死に>胸がキュンとなって死にそう。

   <OPP>お腹ピーピー、お腹が痛い。アメリカにも似たようなのがあって、<OMG>オーマイガッド、<SY>シーユー、<NP>ノープ ロブレム。

みの「おっさんで悪かったね。エッ、意味違うの?」

   最後に加藤がギャル語のサンプルをひとつ。

   「サッカー部のAくん、ロールキャベツ系で池様 もうキュン死に」

   意味は「見た目は草食系だが、中身は肉食系のイケメンで、もう死にそう」にみんな爆笑。 みのひとりだけ仏頂面。「みのさん、今日もおっさん」とからかわれ、「悪かったねぇ」

   加藤「おじさんという意味ではありません」

   小松成美(ノンフィクション作家)「お疲れさん?」

   加藤「正解でーす」

   みの「疲れたよー(爆笑)。これがニュース原稿に入ってきたらどうしようもない。いや、おっさんでした」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中