内柴アッケラカン「酒飲んでやらかした。クビになるかも」

印刷

   酒に酔った教え子の女子柔道部員に性的暴行を加えたとしてオリンピック金メダリストの内柴正人(33)が準強姦容疑で警視庁に逮捕された。

   11月29日(2011年)付で客員教授をしていた九州看護福祉大を懲戒解雇されたが、「合意だった」と繰り返してきた。

大学側「合意とはとても思えない」

   内柴は性行為をあったことは認めている。事情聴取した学校側は会見で、「合意の上なのか、そうじゃないのかに非常に大きな違いがあったが、学校側としては合意という論理は成り立たないと思っている」(二塚信学長)としている。

反省なし

   解雇された翌30日の内柴のブログに反省の言葉はなく、「どうもお騒がせしています。大学クビになりました。僕は旅に出ました」とアッケラカンとしていた。このブログの翌日に、大阪にいた内柴を番組スタッフが直撃したが、内柴は終始無言で、この日のブログではこう書いていた。

「旅、終わりました。先輩と弁護士と蕎麦屋さんを出るとビデオカメラを持った人が現われた。凄いですね。お喋りな僕が今、我慢しているのは、僕の応援している学生がこれからも大学で柔道をするためです。学長の記者会見。いろんな『え~~』がたくさんありますけど、まあいいです」

   「スッキリ!!」は問題の行為のあった4日後に、内柴から電話連絡があったという先輩に話を聞いた。それによると、「酒を飲んでやらかしてしまった。収拾がつかなくなってクビになるかもしれません」と話していたという。

酒飲んで判断力なくした相手

   逮捕を受けて二塚学長が再び会見を行い、「柔道は礼をもって始まり礼をもって終わるということについては、内柴が客員教授として着任した最初のオリエンテーションのときに確認してあります。そういうことから申しますと、ツイッター等の記述は誠に情けない」と嘆いた。

   タレントのテリー伊藤も怒る。

「酒を飲んで相手が判断力を失くした段階で合意したって、それは合意じゃないですよ。内柴の言っていることは被害者側からすれば『何言っているの』という感じがする。ブログを見たけど、浮世離れしている文章が続いており、あの文章を読むとどこが反省しているのか気になる」
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中