今井メロ「異常妊娠と帝王切開…辛かったけど無事生まれました」

印刷

   スノーボード選手の今井メロが11月9日(2011年)に長女の真里愛(まりあ)ちゃんを出産した。1000グラム未満の未熟児だった。出産の経緯を12月10日のブログで報告している。

   予定日は12年2月13日だったため、かなりの早産だ。20週を迎える頃に検診で「双子ちゃんかな? 双子だけど生きているのは1人だけだね…」と知らされ顔から血が引いた。1人の子に上半身がない「無心体」という異常妊娠だったという。

   次の検診で切迫早産になっていると告げられ緊急入院し、約2週間後に陣痛が来た。生まれてくる子が無心体の子に重なり出産できず、急きょ帝王切開で出産になったという。

   かなりの難産だったが、無事に女の子を出産した。

「色々と辛かったけど生まれてきてくれてありがとう真里愛 今井メロ(母より)」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中