頼まれて「安住紳一郎」とサインしちゃった…羽鳥慎一ゴメンナサイ

印刷

   俳優のオダギリ・ジョー(35) が韓国でしたサインがトラブルになっている。きのう13日(2011年12月)にソウルで開かれた新作映画「マイウェイ 12000キロの真実」の発表会では、映画よりもこっちの話に追われた。

   オダギリは「韓国を侮辱したような行動だと報道されたと日本で聞いて、驚いたしショックだった。もちろん悪意なんてなくて、日本でも同じように他人の名前とか絵を描いたりとかやってる。不快な気持ちになった方がいるのであれば、申しわけなかった」としょんぼりだ。

オダギリジョーは「こうだくみ」と書いて韓国で騒動

   騒ぎのもとは10月に釜山映画祭に出席した際に書いた色紙のサイン。食事で訪れたレストランで、彼に気づいた女性従業員にサインを求められて応じたのはいいが、書いたのは「こうだくみ 2011.10.8」だった。これに気づいた従業員の子どもが、色紙の画像をネットに公開したため大騒ぎになった。ネットでは「冗談にしてはひどい」「韓国のファンをがっかりさせた」「バカにしている」などの書き込みが続いたという。

食事中に…

   司会の羽鳥慎一「日本だったら、またまたぁなんてことで済むんでしょうが、(日本語が)読めない人はこれがオダギリさんのサインだと思う。でも悪意があるとも思えない」

   神田瀧夢(タレント)「上方の冗談みたいな」

   羽鳥に「他人の名前を書いたりしますか」と聞かれた東ちづる(女優)は、「ないない。でも食事をしているときに『サインを』といわれると、終わってからにしてほしいなと。また、『名前を思い出せないんですけど、サインしてください』とか」と笑いながら話す。

   司会の赤江珠緒「他人のサインを代わってしたことあるんですか」

   羽鳥「1回だけしたことがある。インタビューしてたら『安住さんサインして下さい』といわれて、どうしようかなと思ったけど、どこか遠くから来た人で、夢を壊しちゃいけないと思って、悩んだ末に『安住紳一郎』と書いちゃった。これは別のところで話しましたが、その方には言ってないので、この場をお借りして…」(笑い)

   それなら「安住紳一郎こと羽鳥慎一」とか書くべきところだ。なにが あってもやっぱり人の名前は書いちゃいけない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中