幻のCM「九州新幹線全線開通」広告グランプリ・総理大臣賞

印刷

   九州旅客鉄道が九州新幹線全面開通で制作したテレビCMが、全日本シーエム放送連盟(ACC)」の2011年グランプリ・総理大臣賞に選ばれた。九州新幹線の沿道に1万人が集まり、手を振ったりさまざまなパフォーマンスを演じたりする様子を車窓から撮影した内容で、放送開始から大好評となった。ところが、開通の前日に東日本大震災が発生、CMも3日間流しただけで放送見送りとなってしまった。

   このまま「幻のCM」としてお蔵入りかとも見られたが、ネットの動画サイトでは再生が殺到し、放送再開を望む声は強く、4月23日から3週間ほど放送された。2万枚以上制作されたDVDも完売した。「未来は今年を忘れない」というのが選考テーマで、大震災で放送見送りという意味でも「今年を象徴するCM」といえそうだ。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中