眞鍋かをり「前事務所と和解しました。すべて貴重な経験」

印刷

   タレントの眞鍋かをりが12月15日(2011年)のブログで、以前所属していた所属事務所「アヴィラ」と和解したことを報告した。

   眞鍋は09年12月にアヴィラとの専属契約の無効などを求めて東京地裁に提訴したが、アヴィラ側も10年5月に損害賠償を求めて反訴していた。

「この2年間いろいろなことがありましたが、関係者やファンの方々のご理解と応援のおかげで、また新たな一歩を踏み出すことができました。本当にたくさんの人に支えられて、ここまでこれたなぁ…と強く実感しています」
「今までの人生の中で起こったことは、私にとってすべて貴重な経験であり財産です。そう思えたのも、皆様からたくさんの応援と温かいお気持ちを頂いたおかげです」
「また、新たな気持ちで仕事もプライベートも充実させることが皆様への恩返しだと思って、これからは今まで以上に頑張っていこうと思います」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中