「磁石」THE MANZAI敗退で男泣き「2本目のネタやりたかった」

印刷

   漫才コンビ「磁石」の永沢たかしが、17日(2011年12月)に放送された「THE MANZAI2011~年間最強漫才師決定トーナメント!~栄光の決勝大会」を振り返り、ブログを更新した。「いろんな感情が混ざりすぎて涙が止まらなくなってしまいました」と、番組終了後に男泣きしたと語っている。

   「磁石」は決勝トーナメント予選を2位で通過し、「優勝」を期待する声も高かったが、残念ながらファーストラウンドでの敗退という結果になった。

   「1本目は自分たちらしいネタを、2本目は自分たちが1番好きなやりたいネタをやろう」と決めていたといい、「2本目やりたかったなー。番組終わってから泣いちゃったな~」と、番組終了後1時間以上泣いていたことを明かした。「人生最大の素晴らしい大舞台に出られたことがとにかく楽しくって、負けちゃったのが死ぬほど悔しくって、『Hi-Hi』(特に上田さん)ががんばってたのが嬉しくって、いろんな感情が混ざりすぎた」と語っている。

   ブログにはすでに500件を越えるコメントが殺到しており、「最高におもしろかったです(>_<)」「磁石さんの漫才いっぱいみたい!」など、漫才を評価する声だけでなく「ブログ読んで少し涙が…」「私もなんか泣けました」と、永沢の「男気」に感動したというコメントも多数寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中