金正恩に寄り添う若い女性だれ?妻説と妹説

印刷

   きのう21日(2011年12月)、北朝鮮の朝鮮中央テレビに若い女性が突然のように映し出された。金正日総書記の遺体の前で弔問客と応対する後継者の金正恩氏のすぐ後ろに寄り添うように立つ。公的な場所に初めて登場したこの女性は20代とみられる。正恩の家族なのか、それとも側近なのか。正恩は2010年4月15日に大学の同級生と結婚したという情報がある。すると妻なのか。

「金ヨジョン姫だと思う」(元専属料理人)

   金正日の元専属料理人の藤本健二氏は「おそらくヨジョン姫でしょう」という。正日の娘で正恩の妹にあたる金ヨジョン。藤本氏はこの女性と会ったことがあるという。

いま流した狙いは?
「2000年の夏に、留学先のスイスから帰ってきた時よりほっそりとしましたね」

   アナウンサーの笠井信輔は「妹説と妻説がありますが、金日成主席が亡くなった時の映像をみると、今回の女性が立っているのと同じ位置に正日氏の妹の金慶喜氏が立っていました。今回も妹という見方ができる」

   韓国ではどんな風に見られているのか。フジテレビのソウル支局からレポーターの岸本哲也が伝える。

「韓国メディアも関心を持って伝えています。主要紙の朝鮮日報は妹説。もし妻なら正式に紹介するはずだとしています。一方で、あの場所に兄が出ていないのに妹だけ出るというのは不自然、やはり妻ではないかという観測もあります。全体的に見れば、7対3で妹説です。韓国政府も妹という見方を強めています」

兄の補佐役とさりげなくPR

   ゲストの「コリア・レポート」編集長の辺真一氏は「私も最初迷ったが、妹だと思う」と言う。その根拠として、金日成が死亡した時も正日の夫人の高英姫さんは出席していない。また、北朝鮮の指導者は外国訪問などでも夫人を同伴せず、公の場にも連れ出したりしない。こうしたことから今回も夫人ではなく妹だとみる。

   司会の小倉智昭が聞く。「こういう映像を今の時期に流せば、あの女性は誰だ、という話になりますよね」

   辺編集長「北朝鮮はひと言も言わないが、彼女がこれから兄を補佐していくということをアピールした。叔母の金慶喜さんと同じように、兄が権力を掌握するにつれて重要なポストに就いていくだろう。そのことを、こういう形で公開したのでしょう」

   テレビ映像などを頼りに、あれこれ解析、憶測するしか実情を知るすべがない。北朝鮮は依然としてベールに包まれた国だ。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中