2020年 7月 11日 (土)

暮れの大掃除「一発で汚れを落とす裏ワザ、工夫技」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   今年もあと10日。「年末のお掃除、どこから手を付ければいいかとお悩みの人に、掃除片づけのスーパー主婦の直伝のスゴ技満載です」とレポーターの内藤裕子アナが胸を張った。伝統80年、全国に2万人の会員を持つ「婦人の友」友の会の山﨑美津江さんのよごれ落しの数々。決め手はこれだ。

重曹1、粉石けん1、水1のペースト

★床の黒ずみは重曹水でこすれ

   リノリューム床に浮き出た黒ずみは皮脂やほこりが混じった汚れで、ただ拭いても落ちない。「重曹1に水200ミリリットルで重曹水を作り、スプレーで床を濡らします。さらにへこみの部分の黒点は石鹸水を作ってブラシで擦れば1分できれいになります」と内藤アナは教える。

★キッチンの油汚れは重曹と石鹸のペースト

   油を使うコンロ周りの油落しはひと苦労だ。「重曹をパワーアップするために、重曹1、粉石けん1、水1でペースト状にします。これを汚れた箇所に塗ってこすればこびり付いた油もきれいに落ちます」(内藤アナ)

★水垢汚れにはクエン酸水

   トイレや洗面所で黒ずんでこびり付いた水アカ。これには酢1に水1、またはクエン酸水を作り、汚れ部分をティシュで包みスプレーで浸して10分置いた後、ブラシでこする。それでも落ちない時は、スポンジ状のヤスリ(粗さは1500番が最適)を使う。

★排水溝のドロドロ汚れは重曹とクエン酸水の二重攻撃

   内藤アナ「まずアルカリ性の重曹を穴の中に振りかけて、その上から酸性のクエン酸水でひたします。これだけでもきれいになりますが、しばらく放置してから熱湯をかけてブラシでこすれば新品同様にきれいさになります」

(磯G)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中